忍者ブログ

ラーメン屋店長Gのつぶやき

どうでもいいことを呟きたい。

最近将来不安を感じだした



最近、将来不安を感じています。お店は、繁盛しているし、給料もそこそこもらっています。手取りで30万円いくかどうかだから、飲食店で働いている同級生に比べたら、いいほうですね。けれど、私には、三人の子供がいます。今は、一番上の子でも9歳だから、学費等も掛かりません。けれど、高校、専門学校や大学という事を考えると、正直不安になります。私同様、高校を出て、働いてくれたらいいのですけどね。勿論、私みたいにちょっと不良で道を外すなんてことは、して欲しくないですけどね。下の二人は、男の子だから、工業高校か高専を卒業して、自動車会社か自動車関連会社で働いてくれたらなあとか勝手なことを考えてしまいます。

名古屋は、そういう関連の企業多いし、儲かってますからね。私みたいに飲食店では、正直働いてほしくないですね。サラリーマンと違って、年功序列ではありませんし、店長より上の役職もありません。つまり、私のサラリーは、売り上げ次第ということになります。今より繁盛する可能性もありますが、仮にそうなったとしても、5万円上がればいいほうでしょう。そういう事を考えていると、このまま雇われで働いていていいのかと考えてしまいます。


勿論、起業には、リスクが付きまといます。成功すれば、ガポガポお金が入ってくるし、個人事業主だから、節税対策でいいクルマにも乗れます。それに、飲み屋にも経費で行くことが出来ます。そういう不順な動機から、独立を考えているわけではないですけど、そういうことも正直魅力的ですよね。勿論、私の場合は、子供が三人もいるという部分が大きいです。

子供達の将来の学費を考えると、このままじゃいけないと思ってしまうのです。まだ一番下の子が2歳ですから、妻も本格的に働くことは出来ません。したがって、今は、毎月1万か2万円ぐらいしか貯金できていない状況です。マイホームなんて夢のまた夢ですね。今は、漠然と起業を考えていますが、起業をするにしても、フランチャイズなのか独立系なのか選ぶ必要もあります。独立系は、初期費用が少なくて済みますし、ロイヤリティーも取られません。けれど、何からに何まで自分でやる必要があるし、誰も助けてはくれません。
一応、それなりのノウハウは学んできたつもりですが、不安がないと言えば嘘になります。ただ、開業資金が少なくて済むというのは、正直魅力です。

2009年の段階では、1人の高齢者を2.6人の現役世代で支える体制でしたが、2055年には1人を1.2人で支えなければならなくなります。それを聞くと、現役世代が支払う保険料の総額よりも、高齢者が受け取る年金額の総額の方が多くなるため、年金制度は破綻するのでは? という不安を抱きがちですが、年金の支払いに税金が投入されている限り、仮に1人を1人が支えるような状況になっても、将来の年金がゼロになることはありません。引用 マイナビニュース
他にも、将来不安があるんですよね。それは、将来の年金です。厚生保険に加入しているわけではなく、国民年金のみです。いい加減、受給金額が少ないのに、受給開始が、65歳からになりました。私が貰う頃には、70歳になっているのではないかと不安になったりしますね。最近、不安を感じない時は、厨房で働いている時と大好きな子供達と遊んでいる時ぐらいですね。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ムササビ
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/09/01
職業:
トラック運転手
趣味:
野球観戦
自己紹介:
阪神タイガースが好きな長距離運転手です。

カテゴリー

P R